2024/05/30 PubMedの新着論文の要約(ADHD)

Differential Outcomes of Placebo Treatment Across 9 Psychiatric

Disorders: A Systematic Review and Meta-Analysis.

  • 著者は、9つの主要な精神障害診断における最近の高品質ランダム化臨床試験(RCTs)におけるプラセボ群の変化を比較することを目的としている。
  • MEDLINEとCochrane Database of Systematic Reviewsからデータを収集し、90のRCTが含まれる。
  • 全診断でプラセボ治療による症状の改善が見られ、大うつ病および全般性不安障害の効果が最も大きかった。
  • これらの研究結果は、プラセボ効果、疾患自然経過、および非特異的効果を包括しており、プラセボ対照の必要性や倫理的正当化、無統制研究における治療効果の評価、患者の治療決定の指針などに役立つ可能性がある。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38809560

Relations Between Social Camouflaging, Life Satisfaction, and

Depression Among Polish Women with ADHD.

  • 研究の背景

- ADHDを持つポーランドの女性における社会的カモフラージュ、生活満足度、うつ病症状の関係を調査した。
- 女性におけるADHDの表現を理解する研究の不足を埋めることを目的とし、特に社会的カモフラージュに焦点を当てた。

  • 方法

- 329人のADHDを持つ女性がオンライン調査に参加。
- ADHD症状はADHD自己報告スケール(ASRS-vI.I)で測定、生活満足度は生活満足度尺度(SWLS)で測定、うつ病症状は患者健康質問紙-9(PHQ-9)で測定。
- ADHD向けに調整された、カモフラージュ自閉症特性尺度(CAT-Q)に着想を得た新しい質問セットを使用して社会的カモフラージュを評価。

  • 結果

- 社会的カモフラージュと生活満足度の間に有意な負の関連があり、うつ病症状とは正の相関があった。
- さらに、交際中であることや良好な経済状況などの要因が高い健康状態と相関していた。

  • 結論

- 研究は、女性のADHDを理解するために社会的カモフラージュの重要性を強調し、症状を隠して社会的期待を満たす努力が生活満足度の低下やうつ病症状の増加に関連する可能性があることを示唆している。
- これらの知見は、女性のADHDに対するより効果的な支援を開発するために、これらの動態についての継続した研究を支持している。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38809476

タイトル:ADHD症状と青年期のビッグファイブ人格特性:女子の5年間の縦断研究

要約:

  • ADHDは幼児期に始まり、発達的に極端で障害となる注意欠陥および/または過活動性・衝動性の症状に特徴付けられる神経発達障害である。
  • ADHDとその潜在的な症状次元が人格特性の発達とどのように関連しているかには大きな関心が集まっている。
  • 既存の研究の多くはクロスセクショナルであり、自己申告測定と男性サンプルに依存している。
  • 今回、女子の社会経済的および人種的に多様なサンプル、ADHDを有するものとネウロタイピカルな比較サンプルを対象にした前向き縦断研究のデータを提示する。
  • 幼児期の親や教師の報告されたADHDが、青年期の自己申告されたビッグファイブ人格特性とどのように関連しているかを調査した。
  • 予想通り、幼児期のADHD診断は将来の自己申告された誠実さの低さ、協調性の低さ、神経症の高さを予測した。
  • ADHD診断を共変量として考慮すると、注意欠如(IA)は低い誠実さのみを予測し、過活動性/衝動性(HI)は低い協調性のみを予測し、どちらも青年期の神経症を予測しなかった。
  • 探索的モデレーター分析によると、家族の収入がIAとHIの青年期自己記述の否定性に影響を与え、高所得の家族の女子にはより顕著な負の影響が生じることが示唆された。
  • 高所得家庭での達成への家族の圧力が、ADHDが人格発達に与える負の影響をより顕著に関連付けられる可能性がある。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38809446

タイトル: 親の強迫性障害と子供の認知的離脱症候群(鈍い認知的テンポ)との関係

要約:

  • 親の強迫性障害(OCD)が子供に与える影響はよく知られているが、親のOCDが子供に及ぼす追加の精神病理学的影響を調査する必要がある。
  • この研究では、子供の認知的離脱症候群(CDS)、以前は鈍い認知的テンポと呼ばれていたものについて、親のOCDとの関係を調査した。
  • 親のOCDと子供のCDSとの関係を、親の不安、うつ病、子供の内化、外化、注意欠如多動性障害(ADHD)の症状を調整しながら検討した。
  • 結果から、子供のCDSの重症度とADHDの注意欠如症状および親のOCDとの間に有意な関連があることが示唆された。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38807463

Title: Attention deficit hyperactivity disorder in children with

epilepsy: a multicenter cross-sectional analysis in China.

  • 研究の背景として、中国ではてんかん患者の中にADHDも合併しているケースが不適切に扱われているという課題があります。
  • この研究では、中国の子供たちにおけるADHDの現在の状況、診断、治療を調査し、てんかんとの合併症であるADHDに対する理解を深め、管理を強化し、患者の生活の質を向上させることを目的としました。

要約:

  • 中国全土で2022年3月から2022年8月にかけて、てんかんを持つ子供たちを対象に多施設横断的な調査を行いました。
  • 395人の6〜18歳のてんかん患者が登録され、発作発生時の年齢とてんかんの持続期間はそれぞれ0.1〜18歳から0.5〜15歳でした。
  • 370人の患者が抗てんかん薬を受けており、そのうち200人(54.1%)が単剤療法を受けていました。
  • ADHDを持つ患者は189人(47.8%)で、そのうち31人が治療を受けており、不注意型が最も一般的でした。
  • ADHDは、多剤療法を受けている子供において単剤療法を受けている子供よりも一般的でした。また、発作のコントロールが悪い場合や、てんかん的な発作間EEG異常がある場合にはADHDの有病率が高い可能性があります。
  • ADHDの有病率は通常の子供よりもてんかんを持つ子供において高かったが、治療率は著しく低かったことが示唆され、てんかんを持つ子供におけるADHDの診断と治療への重要性が強調されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38806855

Microstructural neural correlates of maximal grip strength in

autistic children: the role of the cortico-cerebellar network and
attention-deficit/hyperactivity disorder features.

  • 最大握力は、自分の手が物体を握る際にどれだけの力を生成できるかを測定するものであり、運動課題中の潜在的な神経生物学的違いを理解するための効果的な手法となり得る。
  • 自閉症の個体の握力は、その独自の発達軌道のために特に興味深いものとなる可能性がある。
  • 本研究は、68人の自閉症の子供と70人の非自閉症(神経典型)の子供(6-11歳)を対象に、高解像度、マルチシェル拡散、および定量的R1弛緩画像法を使用して、プロピオセプション入力、側頭握持、皮質小脳、皮質脊髄路などの主要な感覚運動関連白質経路の変化が握力の個人的なバリエーションとどのように関連しているかを調査した。
  • 両グループとも、より強力な握力は、より高いプロピオセプティブ入力、側頭握持、および皮質脊髄(しかし皮質小脳変更は除く)の等方性およびR1と関連していたが、この関係は自閉症群ではより変動がみられた。
  • 注意欠如・多動の特徴(ADHD)は、自閉症の子供たちのプレモーター・主要運動路の側頭握持ネットワークと皮質小脳ネットワーク経路における握力と等方性、R1弛緩画像法の関係を調整していることが明らかになった。Elevated

ADHD featuresを持つ自閉症の子供たちでは、強固な握力がより高い等方性、R1と関連している一方、ADHDの少ない自閉症の子供たちは逆の関係が観察された。

  • これらの結果は、自閉症の子供たちにおける握力の神経メカニズムはADHDの特徴の存在に依存していることを示唆し、強力な握力を持つ子供たち、反対の関係が観察された子供たち、そして非自閉症の子供たちは握力に差異が見られない可能性がある。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38808069

タイトル: ADHDを持つ子供の親向けのオンラインマインドフルネスプログラムの効果:パイロット、ミックスドメソッド研究

要約:

  • 目的: ADHDを持つ子供の親や家族向けのオンラインマインドフルネスプログラム(MBP)は限られており、MBPの実施における関与度と脱落率が主な問題である。このパイロット研究は、オンラインMBPがADHDを持つ子供の親に与える効果を調査した。
  • 方法: MBPの効果を評価するためにミックスドメソッド研究が適用された。合計43人の親が勧誘され、介入グループとウェイトリストコントロールグループにランダムに割り当てられた。オンラインMBPは28日間続き、20の心理教育ビデオ、宿題音声ガイダンス、4つのインストラクター主導のオンライングループミーティングが含まれていた。プロポジティブサンプリングが用いられ、プログラムを完了した親が自分の経験やプログラムの改善に関する提案を共有するためにセミストラクチャーのオンラインインタビューに参加した。
  • 結果: 量的データによれば、オンラインMBP参加者は、子供のADHD症状の軽減に中から大きな影響を報告した。セミストラクチャーのインタビューでは、参加者は自己の変化(感情調整や子供への質の高い注意)に関する肯定的な経験を報告した。さらに、参加者はプログラムの改善に関する提案を行った。
  • 結論: オンラインMBPの効果は有望であり、プログラムは実施されるべきである。臨床集団におけるMBPの効果を調査するためには大規模な無作為化比較試験が行われるべきである。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38807691

[子どもの発達におけるω-3多価不飽和脂肪酸の役割]

  • ω-3多価不飽和脂肪酸(PUFAs)は細胞膜に取り込まれ、臓器の発達と機能に重要な役割を果たしている。
  • 本研究の目的は、ω-3 PUFAsが子どもの中枢神経系、免疫系、視覚に与える影響についての文献データを分析すること。
  • α-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸、エイコサペンタエン酸などのω-3 PUFAsは人体で合成されず、食事から摂取する必要がある。
  • ω-3 PUFAsは脳の解剖学的・機能的発達に重要な役割を果たし、神経細胞の成熟や機能に影響を与える。
  • 認知機能やADHD患者におけるω-3 PUFAsの効果に関する臨床研究の結果は矛盾しており、さらなる研究が必要である。
  • ω-3 PUFAsの補給は子どもの急性呼吸器感染症の発生頻度や期間を減少させる可能性があり、早産児の網膜発達にもプラスの効果が示されている。
  • ω-3 PUFAsの適切な摂取は子どもの中枢神経系、免疫系、視覚の発達と機能にとって不可欠であり、補充が必要な場合がある。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38809795

2024/05/29 PubMedの新着論文の要約(ADHD)

EEG findings and clinical severity and quality of life in

non-epileptic patients with autism spectrum disorders.

  • EEG abnormalities can be present in up to 60% of non-epileptic

children with ASD.

  • Objective: Identify EEG abnormalities in children with different

levels of ASD severity based on ATEC and assess their quality of life.

  • 45 children, mostly male, underwent at least one hour of sleep-deprived EEG.
  • EEG abnormalities found in 10 (22.2%) children, mainly in bilateral

frontal areas.

  • No differences in EEG findings among mild, moderate, and severe ASD groups.
  • Severity of ASD associated with female sex, ADHD comorbidity,

medication use, and lower PedsQL.

  • Social and emotional domains were most problematic for

health-related quality of life in ASD children.

  • Larger studies needed to explore associations between EEG

abnormalities, ASD severity, and quality of life.

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38805362

タイトル: 人種差別と人種中心性の相互作用がADHD症状に与える影響。

要約:

  • 目的: これまでの研究では、人種関連ストレスが数々の精神衛生上の結果と関連しているが、ADHD症状との関連についての研究はなかった。本研究では、人種アイデンティティに基づいて、人種差別とADHD症状の関連性がより微妙な理解を可能にするかどうかを調査する。
  • 方法: この研究では、一部の黒人アメリカ人のサンプルに、人種関連ストレス、ADHD症状、人種中心性を評価する質問票に回答させた。
  • 結果: ADHD症状を予測する際、人種関連ストレスの影響は正の効果があり、中心性の影響は負の効果があることを見つけた。中心性が低い状態では、ADHD症状と人種関連ストレスとの関連が中程度や高い中心性の場合よりも強かった。さらなるサブグループ分析により、相互作用効果が1つの条件で複製されないことがわかった。
  • 結論: これらの結果は、人種に関連するストレスと人種アイデンティティの経験が、ADHD症状の治療に考慮すべき重要な要因であることを示唆している。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38804503

タイトル: ADHDを持つ子どもの注意力問題を減らすための5週間のデジタル介入:二重盲検ランダム化比較試験

要約:

  • 目的: ADHDを持つ子どもにデジタル介入が神経認知的利益を提供する可能性があるとの証拠が増えています。この研究は、ADHDを持つ子どもにおけるデジタル注意力介入の効果を調査することを目的としています。
  • 方法: この二重盲検ランダム化比較試験では、ADHDを持つ55人の子ども(5-9歳)を介入群(N=28)または対照群(N=27)に割り当てました。両プログラムは、自宅で週5日、5週間にわたってタッチスクリーンタブレットを使用して提供されました。主要アウトカムは、Test

of Variables of Attention(TOVA)の注意比較スコア(ACS)の介入前後の変化でした。

  • 結果: 介入を受けた参加者は、TOVA

ACSにおいて、介入前から介入後までの改善が対照群よりも有意に大きかった(p<.044)。ただし、ADHD症状や機能の影響を評価する二次的アウトカムには介入効果が見られませんでした。

  • 結論: 総じて、これらの結果は、ADHDを持つ子どもに対するデジタルによる注意力介入の実施には、十分な証拠がないことを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38804292

タイトル:ライフコース全体にわたる注意欠陥/多動性障害の身体的負担

要約:

  • 目的:注意欠陥/多動性障害(ADHD)と身体的状態の共病率の網羅的な知識基盤が必要。
  • 方法:ADHDの診断を受けた個人(N=87,394人)とADHD診断のない同じ年齢と性別の個人を一般ドイツ人口を代表する大規模な健康保険請求データセットから同定(N=4,874,754人)。結果は全サンプルに加えて性別および年齢層(<12歳、13-17歳、18-29歳、30-59歳、≧60歳)に分類された。
  • 結果:ADHDは生涯全般にわたって幅広い身体的状態と関連していることが示された。具体的に、神経学的障害(パーキンソン病OR:

5.21、認知症OR: 2.23)、睡眠関連障害(OR:
2.38)、および筋骨格、消化器系、内分泌系を影響する自己免疫障害(線維筋痛症OR: 3.33、ループスOR:
2.17)がADHDと強くかつ有意に関連している。さらに、一般開業医によって通常治療される一般急性疾患の発生率が高いことから、全体的に健康状態が低いことを示唆している。性差はそれほど顕著ではなかったが、年齢差は目立った。特に内分泌系、循環器系、神経学的障害はADHDの個人に早期発症することが示された。

  • 結論:この研究はADHDを持つ個人の身体的状態による疾病の高い負担を強調している。結果は共病を減らすための予防策の必要性を示唆している。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38804256

Glucose transporter-1 deficiency

syndromeの5世代にまたがる家族において、SLC2A1遺伝子の新規変異を保有する極めて多様な表現型を持つことが報告された。

  • GLUT1欠乏症候群は脳のグルコース輸送体であるGLUT1の発現が減少する代謝性障害であり、主にde

novoで発生するheterozygous SLC2A1変異によって引き起こされる。

  • 14人中9人が生存している影響を受けた家族では、発作、行動障害、軽度の知的障害、および/または歩行障害など異なる表現型が観察された。
  • 新規のSLC2A1変異(c.446C>T)が検出され、この変異はGLUT1の重要なドメインである第4膜貫通セグメントでアミノ酸の置換(p.Pro149Leu)を引き起こし、疾患と連動していた。
  • 著者らの研究は、家族性GLUT1-DSにおける極めて多様な表現型を明らかにし、軽度の典型的な症状からパラペアリシスを含むより微妙な神経障害までの範囲を示している。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38803061

タイトル: 外来患者ビデオに基づく骨格検出と分類解析に基づいた注意欠陥/多動性障害の客観的で自動的な評価アプローチ

要約:

  • ADHDの診断は一般的に、アメリカ精神医学会の診断・統計マニュアル第5版の基準に従って主観的な観察と、親や教師から提供された情報を使用して行われるが、この主観的な分析はしばしば過診断や過少診断につながる。
  • 本研究では、96人の患者をADHD(48人)と非ADHD(48人)に客観的かつ自動的に分類するために、彼らの動きを数量化し、不安定さスケールを評価することに基づいた機械学習アプローチが提案された。
  • 患者の骨格列はOpenPoseを使用して検出され、11つの特徴記述子の値を使用して特徴付けられた。6つの機械学習分類器に基づく分類分析が行われ、異なる特徴組み合わせの識別力を評価・比較した。
  • 結果は、ADHD群に対して、非ADHD群よりもすべての単一特徴記述子の平均値が有意に大きいことを示した。最良の結果(最適カットオフ、42.39;

精度、91.03%; 感度、90.25%; 特異度、91.86%;
AUC、94.00%)を達成した単一特徴記述子「大腿角」が特に優れていた。

  • 提案されたアプローチは、ADHDの診断に医師を支援し、患者を客観的かつ自動的にADHDと非ADHDに分類するために使用できる。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38802862

Identification and Accommodation of ADHD in Family Medicine

Residencies: A CERA Study.

  • 進行中の医学生注意欠陥多動性障害ADHD)のために配慮を求めるリゾデンシープログラムに申し込んでいることが増加している。
  • FM(ファミリーメディシン)リゾデンシープログラムでADHDの配慮が早期に実施されれば、学習者とプログラムの両者にとって有益であるが、学習者にADHDを開示し、配慮を実施するプログラムの数は不明。
  • この研究の目的は、FMリゾデンシープログラムがADHDの配慮を必要とするレジデントを特定するために採用している実践を記述することである。また、ADHDの配慮の基本的なカテゴリがどのように使用されるか、および技術基準(レジデントの職務記述)のレビューが配慮のタイミングに関連しているかを調べることにした。
  • 2022年のCouncil of Academic Family Medicine Educational Research

Alliance(CERA)の全国調査の回答を分析し、全米のアクレディテーション評議会によって認可されたすべてのプログラムにEメール招待を送付した。合計298人のプログラムディレクター(44.3%)が回答した。

  • 約6分の1のFMリゾデンシープログラムが主動的にADHDをもつ学習者を特定し、その必要性を面接プロセスやオリエンテーション中に認識することが一般的である。必要性が特定されると、ほとんどのプログラムが1か月以内に配慮を実施し、多くのプログラムが複数の種類の配慮を採用している。
  • 少数のプログラムがADHDの特定と配慮を進行的に行うプロセスを開発している一方、ほとんどのプログラムは特定事例に応じて配慮プロセスに取り組む傾向があるとの結果が示された。そして、特定事例のアドホックなアプローチにより、サポートの必要性を理由にした適切なパフォーマンスは難しくなる可能性がある。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38805635

タイトル:精神疾患と非腫瘍性消化器疾患の関係を強調する包括的メンデルランダム化研究

要約:

  • 目的:精神疾患PDs)と非腫瘍性消化器疾患(NTGDs)の関連性を以前の観察研究で明らかにしたが、その因果関係は未解明である。
  • 方法:PDsとNTGDsの間の因果関係を双方向の二サンプルメンデルランダム化(MR)研究を通じて探った。大規模なゲノムワイド関連解析(GWAS)の要約統計と双方向の二サンプルMR研究を使用して、PDsとNTGDsの因果関係を評価した。複数の感度分析を使用して結果の堅固性を特定した。
  • 結果:主要なうつ病胃潰瘍のリスクの増加と因果関係があり(OR:1.812、95%CI:1.320-2.487、p

<0.001)、過敏性腸症候群とも因果関係がある(OR:1.645、95%CI:1.291-2.097、p<0.001)。一方、遺伝的に予測された食道逆流症は不安障害のリスクの増加に寄与し(OR:1.425、95%CI:1.295-1.568、p<0.001)、潰瘍性大腸炎は注意欠如/多動性障害のリスクの増加と関連がある(OR:1.042、95%CI:1.008-1.078、p =
0.0157)。

  • 結論:我々の研究は、8つのPDsと8つの一般的なNTGDsの間の密接な因果関係をサポートするMR証拠を提供し、PDsとNTGDsの因果関係、基盤となるメカニズム、治療潜在性をさらに検証するための実験研究が必要である。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38803545

2024/05/28 PubMedの新着論文の要約(ADHD)

タイトル: Cognitive Disengagement

Syndrome(CDS)と注意欠陥多動性障害ADHD)における神経心理学的機能、メタ認知能力、およびレジリエンスの類似点と相違点。

要約:

  • ADHDCDSを持つ子どもたちと健常なコントロール群を比較して、神経心理学的機能、自己報告されたメタ認知能力、およびレジリエンスレベルの関係を評価することを目的とした。
  • 参加した子どもたちの知的および神経心理学的機能はWISC-IVを使用して評価され、子どもたちのメタ認知意識インベントリ(MAI-C)、感情的なレジリエンススケール(ERS)、および改訂版子どもの不安とうつスケール(RCADS)が使用された。
  • CDSの子どもたちはPSIおよびPRIの両方においてADHDの子どもたちよりも有意に低いスコアを示し、一方、ADHDADHD+CDSの子どもたちは互いにおよびコントロール群と同様であった。
  • CDSの子どもたちはADHD単独およびADHD+CDSを持つ子どもたちよりもメタ認知意識が高く、コントロール群が最も高いレベルのメタ認知意識を持っていた。
  • CDSの子どもたちの感情の敏感さはADHD+CDSを持つ子どもたちと類似しているが、ADHDおよびコントロール群よりも有意に高く、一方、コントロール群が最も低いレベルであった。
  • この研究の結果は、CDS+ADHDを持つ子どもたちのリハビリテーション/療法でメタ認知能力と感情的なレジリエンスが重要であり、CDS症状の早い段階で処理速度と知覚推論をターゲットとする介入が有益である可能性があることを示唆している。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38801523

Shared familial risk for type 2 diabetes mellitus and psychiatric

disorders: a nationwide multigenerational genetics study.

  • 精神障害2型糖尿病(T2DM)は遺伝的で多因子性であり、しばしば共病状態であるが、潜在的な共有家族リスクに関する知識が不足している。
  • デンマークで1990年から2000年に生まれた659,906人を人口ベースの登録を使用してその両親、祖父母、おそらく叔父や叔母にリンクさせた。Cox回帰を使用して、精神障害のある子供の親族と11種類の特定の精神障害の1つ(神経精神障害と神経発達障害を含む)を持つ子供の親族のT2DMの発生率を比較した。
  • 遺伝学的サンプルでは、T2DM-PRSの1標準偏差の増加は、任意の精神障害のリスクの増加と関連していた(オッズ比=1.11、1.08-1.14)。
  • 家族性T2DMとT2DM-PRSの両方が11種類の精神障害のうち7つと有意に関連しており、最も強く注意欠陥/多動性障害と行動障害と関連し、逆に神経性無食欲症と関連していた。
  • 共有家族リスクに関連する親族の共同発生とより高いT2DM多因子性責任は精神障害と関連しており、一部の共病性は共有家族のリスクによって説明される可能性があることを示唆している。その基本的メカニズムは未だ大部分が未知であり、遺伝子と環境の寄与はさらなる調査が必要である。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38801094

タイトル: リスクを負う個人と明白な双極性障害患者の大きなプテイアム

要約:

  • バイポーラ障害(BD)のリスクを負う個人は、BDの家族歴があるか、(亜)閾値の感情症状があるなど、幅広い遺伝子および非遺伝子的リスク因子を持っています。
  • 男女410人を対象に、BDリスク(EPIバイポーラ尺度を使用して評価)がある個人(n =

208)、DSM-IV-TRでBDと診断された患者(n = 87)、健常対照者(n = 115)間で灰白質体積(3T
MRI)を比較しました。

  • リスクを負う個人とBD患者は、健康対照者よりも右プテイアムの体積が大きかった。さらに、リスクを負う個人は右後頭下回の体積が小さく、BD患者は左側前頭部の体積が大きかった。これらの結果は、病気の経過(生涯の躁病と抑うつ発作の回数、入院回数)、合併症(大うつ病、注意欠陥・多動性障害、不安障害、摂食障害)、家族リスク、現在の疾患重症度(全体的機能、寛解状態)、および現在の薬剤摂取を無視して得られたものであった。
  • 当結果は、右プテイアムの変化がBDの脆弱性マーカーを構成する可能性があることを示唆しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38801091

タイトル: Attention Deficit/Hyperactivity Disorder in Individuals with

Non-Syndromic Craniosynostosis: A Systematic Review and Meta-Analysis.

要約:

  • 研究目的:非症候性頭蓋骨縫合早期癒合(craniosynostosis)が注意欠陥/多動性障害(ADHD)の発達にどのように影響するかはまだ十分に理解されていない。
  • 方法:本研究はPRISMAガイドラインに準拠し、PROSPEROに事前登録されたシステマティックレビューおよびメタ分析を行い、単一縫合の非症候性頭蓋骨縫合早期癒合とADHD、および注意欠陥/多動性症状の関連性を検討した。
  • 結果:2,389人(平均7.3歳)を対象とした17の独立した研究のデータを分析した結果、縫合位置、手術状況、年齢、および使用された測定値を考慮に入れた。ADHD症状に関して、症例と対照群の間にはほとんど差がなかったが、一部の研究で高い症状レベルが報告された。
  • 要望:より大規模なサンプルサイズやADHDの包括的な評価を行い、追加の研究が必要だと示唆された。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38801083

Hidden in plain sight: delayed ADHD diagnosis among girls and women -

a commentary on Skoglund et al. (2023)

  • Skoglund et al.の研究(2023年、Journal of Child Psychology and

Psychiatry)では、女性のADHD患者は男性と比較して、ほぼ4年の診断遅延があることが分かった。

  • しかし、女性は精神保健システムとの接触が以前から高い割合であった。
  • この論文では、Skoglund et

al.の発見と、女性におけるこの診断の遅延の可能な理由、そしてADHDの診断と治療においてホルモン変化の時期などの女性特有の問題を考慮する必要性について議論されている。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38798101

Title: ADHDにおける実行機能とアルファ波振動の不注意と過活動・衝動症状への役割を理解するためのネットワークアプローチ

  • ADHDは、不注意と過活動・衝動性症状を特徴とする広く知られた神経発達障害であり、実行機能(EF)の障害がADHDのモデルに中心的な役割を果たしている。
  • アルファバンドスペクトルパワーイベント関連減少(ERD)は、ADHDにおけるEFの推定される脳波の生体マーカーとして浮上している。
  • EFは、アルファERDと過活動性/衝動性や不注意症状をつなぐ橋渡しとして現れ、特に運動症状である「座っていることが難しい」や「走り回る」などの症状と密接に関連している。
  • EFは、アルファERDとADHD症状ネットワークをつなぐ橋渡しとして機能し、運動型症状とEFの欠如は、ADHDの行動/症状、認知、および神経生理学的マーカーの間の相互作用において重要なノードを構成している可能性がある。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38798087

タイトル:発作を持つ子供における注意欠陥多動性障害ADHD):有病率とリスク要因の系統的レビューとメタ分析

要約:

  • 目的:発作を持つ子供における注意欠陥多動性障害ADHD)の有病率とリスク要因を評価する。
  • 方法:PubMedとEmbaseで系統的な検索を行い、メタ分析を行った。ADHDの有病率はランダム効果モデルを用いて算出し、亜集団解析を行って異質性を探究した。潜在的リスク要因を報告した論文から生データを収集し、その後のリスク要因分析に含めた。
  • 結果:メタ分析の選択基準を満たした46編の論文では、発作を持つ子供におけるADHDの有病率は30.7%であり、主に注意欠陥タイプのADHDが優勢であった。ADHDの有病率の異質性は、人口ソース/研究セッティング(クリニック、コミュニティ、データベース)、ADHDの診断方法(臨床検証の有無)に関連していた。発作におけるADHDのリスク要因には、若い年齢、知的/発達障害、発作の家族歴、発作発症の早さ、欠乏発作、頻繁な発作、多剤療法が含まれた。一方、性別、全般化発作または発作、発作の病因、脳波異常はADHDの発生とは明確に関連していなかった。
  • 意義:発作を持つ子供におけるADHDの有病率が高く、いくつかの潜在的リスク要因がそれと関連している。この研究は、スクリーニングと治療のために発作におけるADHDをよりよく理解するのに役立つ。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38798030

- タイトル: ネオナタル6-OHDA損傷マウスにおける、過活動性障害/注意欠如多動性障害(ADHD)および併発疼痛の潜在的治療法としてのセレノプロテインT

  • 要約:

- ADHDと疼痛感覚の変化は、子どもから大人までの患者でよく記録されており、これらは共通の基盤であるドパミン作動系の機能不全に関連している。

- 最近の研究で、セレノプロテインT(PSELT)の酸化還元活性部位を含む小さなペプチドが、動物モデルでのドパミン作動性ニューロンおよび損傷神経の保護に効果的であることが明らかになっている。

- 本研究の目的は、PSELT治療がADHD様症状や疼痛感受性に及ぼす効果を調査し、これらの効果におけるカテコラミン系の役割を検討することである。

- 結果は、PSELTの鼻内投与が、オープンフィールドでの過活動性の減少、5選択連続反応時間タスクテストでの6-OHDA損傷メスマウスによる衝動性の減少、および注意力の向上に有効であることを示した。

- さらに、PSELT治療は正常および炎症状態の両方での疼痛閾値を著しく増加させることが明らかになり、抗過敏性活性は、スルピリドの前処置によって、フェンタラミンやプロプラノロールの前処置ではなく反対された。

- この研究は、PSELTがマウスにおけるADHD症状の重症度を減少させ、強力な抗疼痛作用を持つことを示唆し、これはD2/D3ドパミン受容体の関与と関連している可能性がある。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38797131

2024/05/27 PubMedの新着論文の要約(ADHD)

タイトル:ECHOコンソーシアム内の子供における産科での合成オキシトシン暴露、母親のBMI、および神経発達に対する影響

要約:

  • 背景

- 合成オキシトシン(sOT)は分娩中に頻繁に投与されるが、胎児のsOT暴露が脳の発達や神経発達障害のリスクと関連している可能性があるという懸念がある。
- 大規模で多様な子供のサンプルを用いて、分娩時のsOT曝露データと後の注意欠如多動性障害(ADHD)や自閉症スペクトラム障害ASD)の診断を持つ子供を対象に、以下の仮説を検証した。
1. 分娩時のsOT曝露は子供のADHDASDの発症リスクが高まる。
2. 性別によって関連が異なる。
3. 分娩時のsOT曝露とADHDASDの関連は、事前に肥満の母親の子供で顕著になる。

  • 方法

- 研究サンプルは、Environmental Influences on Child Health
Outcomes(ECHO)コンソーシアムに含まれる44のコホートサイトから12,503人の参加者で構成されている。
- 混合効果ロジスティック回帰分析を用いて、分娩時のsOT曝露と子供のADHDまたはASDとの関連を推定した。
- 母親の肥満(妊娠前BMI≧30 kg/m2)と子供の性別について効果修飾を評価した。

  • 結果

- 48%の参加者で分娩時のsOT曝露が確認された。
- sOT曝露はASD(補正オッズ比[aOR] 0.86; 95%信頼区間[CI] 0.71-1.03)またはADHDaOR
0.89; 95%CI 0.76-1.04)の発症リスクの増加と関連していなかった。
- 子供の性別による関連の差は見られなかった。
- 妊娠前肥満の母親の中で、sOT曝露は子供のADHD発症リスクが低下していた(aOR 0.72; 95%CI
0.55-0.96)。肥満のない母親の中では関連が見られなかった(aOR 0.97; 95%CI 0.80-1.18)。

  • 結論

- 大規模かつ多様なサンプルで、分娩時のsOT曝露と子供のADHDASDの発症リスクに関連が見られなかった。
- 仮説とは逆に、妊娠前肥満の母親では、sOT曝露は子供のADHD診断のリスクが低下していた。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38796448

2024/05/26 PubMedの新着論文の要約(ADHD)

- ADHDやその他の神経多様性のサービスへの自己紹介ができるように患者が可能であるべきだと地域医療センター(LMCs)が述べている。

  • LMCsは、患者が自己紹介を通じて早期の診断や適切なサポートを受けることが重要であると強調している。
  • 患者が必要なサービスにアクセスするための敷居を下げることは、神経多様性のコミュニティにとって非常に重要である。
  • 自己紹介を通じてサービスにアクセスできることは、患者のニーズに合った適切な支援を受けることを可能にする。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38789107

機能性消化器症状の子どもにおけるアスペルガー症候群ADHD: 髪と唾液中のコルチゾール、血清レプチン濃度および外向性/内向性問題のプロファイル。

  • 背景: 神経発達障害(NDD)を持つ個人では、機能性消化器障害(FGIDs)の有病率が高くなる。ストレスシステムと腸脳軸(GBA)がこれらの関係を仲介する可能性がある。この研究では、自閉スペクトラム障害(ASD)や注意欠陥/多動性障害(ADHD)を持つ小児の臨床サンプルにおけるFGIDsの有病率とプロファイルを評価し、ストレス関連の生物マーカーとNDDを持つ子どもの内向性/外向性問題との関係を調査した。
  • 方法: 4〜12歳の合計120人の子どもがADHDASD、およびTD(典型的に発達した子ども)の3つのグループ(各々40人)を形成した。唾液中のコルチゾール、髪のコルチゾール、血清レプチンを測定した。
  • 結果: ASDグループは、FGIDの問題がTDグループよりも多かった(p =

0.001)。ADHDグループとASDグループは、TDグループよりも合計内向性/外向性問題が多かった(p < 0.0001、p <
0.0001、p = 0.005)。FGIDsのある子どもは、FGIDsのない子どもよりも合計、内向性、外向性問題が多かった(p <
0.0001、p < 0.0001、p = 0.041、それぞれ)。ADHDグループはAUCg値が低かった(p <
0.0001)、一方で髪のコルチゾールはTDグループが高かった(p < 0.0001)。

  • 結論: NDDを持つ子どもはFGID症状が多く、内向性および外向性問題も高い。ADHDとFGIDsを持つ子どもは、FGIDsのない子どもと比べて内向性問題が多かった。ストレス関連の生物マーカーには、FGIDsのあるNDDを持つ子どもと持たない子どもを区別する違いが示されていない。今後の見通しのある研究により、これらの合併症を結ぶ生物学的経路が明らかになる可能性がある。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38794776

ADHD症状がジル・ド・ラ・トレット症候群(TS)患者に対する認知行動療法への影響

  • TSは運動と音声のチックを特徴とする神経発達障害であり、ADHDはTSの共病であり、さらなる障害をもたらす。
  • CBTはチック治療に有効であるが、TSとADHDを合併する個人における効果は不明である。また、エグゼクティブ機能の障害や不注意などのADHD特徴が、CBTへの反応を妨げる可能性が示唆されている。
  • 本研究では、TSの個人を高(TS+)もしくは低(TS-)ADHD症状群に分割し、CBTによるチック治療への反応と治療後6か月の維持を比較した。
  • 結果は、CBT後(n=55)および6か月後の維持(n=45)において、改善に関して有意な群間差は見られなかった。
  • 結論は、ADHD症状がCBTへの反応やその維持を妨げる可能性は低いことを示唆し、TS患者には特別なCBT介入が必要ないかもしれない。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38792517

Adherence-Promoting Design Features in Pediatric Neurostimulators for

ADHD Patients

  • 脱臼健康モニタリングの台頭と在宅ケアの増加が、臨床設定外での患者の遵守の重要性を強調している
  • 小児ADHDの治療において特に重要であり、治療タスクを思い出したり開始することが困難な人口である
  • 小児ADHDの神経刺激法は、在宅環境での遵守が求められる
  • 統計的に有意な結果を導く色の選択が遵守率を増加させるかどうかを検証する臨床試験プロトコルをサポートするための計器の開発と応用により実現されている
  • ユーザーからの最小限の入力が必要であり、耐久性があり物理的損傷に耐え、正確な遵守データを保護者や医師に提供し、神経刺激装置が在宅ケアに効果的であることを保証する

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38790368

ADHD診断のための機能的脳ネットワークとドメイン知識によるガイド付き診断

  • 現在のADHD研究では、機能的脳ネットワーク(FBNs)をモデル化するために機能的磁気共鳴イメージング(fMRI)が利用され、脳の活動領域の探索を通じて神経影響とメカニズムが明らかにされています。
  • 現在のFBNsベースの方法には、既存のモデリング方法が動的な脳内の領域間相関と遠隔依存関係(LDDs)の両方を正確に捉えることに対する課題があり、それがFBNsを生体マーカーとして診断の精度に影響を与えています。
  • 限られたサンプルサイズとクラスの不均衡もモデルの学習性能に課題を投げかけています。
  • 問題に取り組むために、モデリング、マルチモーダル融合、および分類を統一プロセスに統合する自動診断フレームワークが提案されています。
  • このフレームワークは、ドメイン知識を抽出し、ADHDの分類をガイドするために効果的に統合することを目指しています。
  • この研究では、MAREMによって抽出されたFBNsがモデリングと分類において優れた性能を発揮し、MSLMと組み合わせることで、NYUでは92.4%、PUでは74.4%、KKIでは80%の正確度を達成し、ADHD診断に関連する重要な情報を効果的に捉える能力を示しています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38788375

タイトル:児童の注意欠陥多動性障害ADHD)を認識するための脳波ベースのConvMixerアーキテクチャ

要約:

  • ADHDは世界中の学齢児童の約5〜10%に影響を与える神経発達障害であり、早期診断と介入が患者とその家族の生活の質を向上させるために不可欠である。
  • 本研究では、ConvMixerと効率的なチャネルアテンション(ECA)ブロックを組み合わせた新しい深層学習アーキテクチャであるConvMixer-ECAを提案し、脳波(EEG)信号を使用してADHDの正確な診断を行った。
  • モデルは、60人の健康な子どもと61人のADHDの子どもからのEEG記録を使用して訓練および評価された。ConvMixer-ECAのパフォーマンスを評価するための一連の実験が行われ、その結果、ConvMixer-ECAは94.52%の精度でADHDの認識に優れた性能を示した。
  • 特にECAといった注意機構の組み込みにより、ConvMixerのパフォーマンスが向上し、他の注意ベースのバリアントよりも優れた結果を示した。また、ConvMixer-ECAはEEGNet、CNN、RNN、LSTM、GRUなどの最新の深層学習モデルを凌駕している。
  • さらに、このモデル層の出力のt-SNE視覚化は、ConvMixer-ECAがADHDと通常発達した個人を階層的な特徴学習を介して区別する基本的なパターンと特徴をキャプチャする効果を検証している。
  • これらの結果は、ConvMixer-ECAが子どものADHDの早期診断と介入を支援する貴重なツールとしての潜在能力を示している。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38790448

タイトル: 成長する大人のADHDケア:ADHDケアのためのプロトタイプデジタルサービスモデルイノベーションの準備評価。

要約:

  • 背景: オーストラリアにおけるADHDの有病率とADHDケアのギャップを考慮し、この研究ではイノベーションのための重要な障壁と推進力を調査している。ADHDプロトタイプデジタルサービスイノベーションの準備評価を通じて、ADHDケアの効率化と個々の自己管理を支援することを目的としている。
  • 方法: ADHDケアの消費者/参加者と実務者との半構造化インタビューが行われ、彼らの経験を探り、モバイル自己モニタリングアプリと関連するサービスイノベーションにフィードバックを提供した。インタビュートランスクリプトはダブルコーディングされ、優れたADHDケアのための主題的な障壁と促進要因を探るために使用された。
  • 結果: 15件のインタビュー(消費者9名、実務者6名)では、消費者にとって(無知や偏見、信頼、我慢など)および実務者にとって(複雑さ、持続可能性など)優れたADHDケアの障壁が明らかになった。消費者向けの促進要因には、検証/エンパワーメント、プライバシーおよびセキュリティフレームワーク、テーラリング、アクセスが含まれる。実務者は、透明性、プライバシーとセキュリティフレームワーク、簡略化されたコンテンツ、サービス間の連結、より広範な指標のテーラリングの価値を強調した。
  • 結論: デジタルヘルスサービスイノベーションにおける消費者中心のアプローチは、オーストラリアにおけるADHDケアのギャップを埋めるために重要な役割を果たす。これらのイノベーションは、統合されたケア、ターゲットとなる治療成果データ、追加のライフスタイル支援を含めるべきであり、カスタマイズされた機能と簡素化された表示の間の緊張を認識すべきである。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38791796

タイトル: 脳の電気活動を指標とした注意力の発達段階に関する幼児期の変化の総説

要約:

  • 本レビューは、通常の発達をたどる子どもたち(TDC)の脳神経反応の年齢に関連する変化を提示することを目的としている。
  • レビューは、能動的な関心が意図的に集中される活動的な注意と、刺激に注意が引かれる受動的な注意、刺激の処理を向上させる促進的な注意、刺激の処理を抑制する抑制的な注意という、頻繁に使用される注意の神経心理学的なタスクの研究結果に基づいている。
  • 幼少期の注意の選択性の早期と遅い段階は、早期と遅い情報処理に対応している。幼児期の注意の選択性の年齢に関連する変化は、イベント関連ポテンシャル(ERP)の潜時で数量的に表されている。
  • 遅い注意の選択性の年齢に関連する変化も、注意処理と関与する脳部位の構造と機能的な再編成によって質的に表されている。

ADHDに関連する研究から単にボトムアップトップダウンの処理が年齢に関連した課題の研究結果に挑戦を受けていることが示唆されている。

  • TDCとADHDにおける脳波活動の移行が遅れているという仮説が裏付けられている。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38790437

タイトル: 脳画像を用いた診断分類における生成対立ネットワークとグラフ畳み込みネットワークの利用

要約:

  • 休息状態の機能的連結性(FC)データを機械学習アルゴリズムと統合し、一貫した脳疾患分類結果を提供する。
  • 既存のCNNモデルは、グリッド構造(例:画像)データから情報を抽出できる一方で、多くのモデルはグラフ構造(例:ネットワーク)データのエンティティ間の関係を最大限に活用できない。
  • GCNは、脳ネットワークデータの複雑な構造を明らかにする手段として提案され、分類精度を大幅に向上させる可能性がある。
  • 強化学習は、訓練サンプルの数が限られていることから過学習によって起こることが多いが、GANはデータの不足と患者のプライバシーの問題に対処できる生成的側面を利用するため、医療分野で広く利用されている。
  • GANとGCNは、脳疾患の予測タスクを実行するためにFCパターンを調査するために設計され、ABIDE-Iデータセットでその効果を検証している。
  • ADHD-200、ABIDE-II、ADNIデータセットPTSDデータセットからのFCデータにモデルを適用し、GANを用いたデータ拡張により、他の機械学習モデルを上回る診断精度を達成する。
  • ADHDデータセットでは、GANを用いた場合の診断精度が67.74%から73.96%に向上し、ABIDE-IIでは70.36%から77.40%に向上した。ADNIでは、多クラス分類が52.84%から88.56%、二値分類が52.84%から88.56%に達した。GCNも、ADHDデータセットで最良の精度を71.38%(多項分類)および75%(二値分類)で達成し、ABIDE-IIデータセットでは2番目に良い結果を出した。PTSDデータセットでは、GANとGCNの両方が最高の精度を達成し、97.76%に達した。
  • 予測と疾患の診断のための方法にはまだ改善の余地があるが、両方の方法は多くの機会を提供している。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38790434

タイトル: 五年間、三次医療病院を受診するADHDを持つ成人の有病率と臨床プロファイル

要約:

  • 目的: オマーンの三次医療病院を受診する成人患者におけるADHDの5年間の有病率と臨床プロファイルを評価することを目的とした研究。
  • 方法: データは記述統計と推論統計を用いて分析され、標準化された有病率推定が計算された。
  • 結果: 39,881回の病院受診のうち、1.77%がADHDを持つ成人によるもので、これは1000人の外来患者あたり17.8回に相当する。2021年に5年間で最も高い有病率が見られ、2020年が最も低かった。年齢分布は'20歳未満'の年齢層が最も有病率が高かったが、性別分布ではADHDは成人男性により一般的であった。ADHDのさまざまなサブタイプの中で、不注意が最も一般的であった。
  • 結論: この研究は、ADHDを持つ成人コホートと同じ期間に同じ精神科クリニックを受診した他の患者との間の有病率と関連要因を比較した。この研究は、対象の人口におけるADHDを持つ成人の有病率と臨床プロファイルに関する重要な情報を提供している。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38791781

ADHD患者における自殺行動:リスク要因、共病症、臨床プロファイル:自然主義的探索研究

  • ADHDは脳の機能を妨げる一般的な神経発達障害であり、過活動、衝動性、不注意が特徴的。
  • ADHDと自殺の関係について研究が行われており、アメリカで増加している自殺の深刻な公衆衛生問題を考慮したもの。
  • この研究は、自殺リスクのあるADHD成人患者と自殺リスクのないADHD成人患者の間に有意な違いがあるかどうかを調査した。
  • 50人ずつ計100人の19歳から58歳までのADHD確定診断患者を使用し、非パラメトリック統計テストを用いて定量データを分析。
  • 結果では、自殺リスクのあるADHD患者との間で境界性人格障害過食症、特定の7つの心理社会的リスク要因、および抗うつ薬の試行回数が多い関連があることが示された。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38790416

タイトル: 新生児、乳児、および小児におけるコエンザイムQ10補充の効力と安全性に関する概要

要約:

  • 評価が行われたのは、新生児(1ヶ月未満)、乳児(1歳未満)、および子供(12歳未満)
  • これまで、若い被験者におけるコエンザイムQ10CoQ10)補充の一般的な有効性と安全性に関するレビュー論文は存在していなかった
  • 被験者には、CoQ10欠乏症、アシルCoA脱水素酵素欠乏症、デュシェンヌ型筋ジストロフィー片頭痛ダウン症候群、ADHD、特発性心筋症、フリードライヒ失調症など、さまざまな臨床疾患を持つ若い被験者が含まれた
  • CoQ10の補充は健康な若い被験者には根拠がない

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38790635

タイトル:注意欠陥多動性障害ADHD)を持つ子供をCOVID-19に対してワクチン接種したがる介護者の動機を予測する前向きおよび横断的要因: 追跡調査

要約:

  • ADHDを持つ少年は、ADHDを持たない少年と比較して、COVID-19に感染するリスクが高く、結果も悪い。
  • 感染を防ぐ最も効果的な方法はワクチン接種である。
  • この追跡調査は、ADHDを持つ子供をCOVID-19にワクチン接種する意欲に影響を与える前向きおよび横断的要因を探るものである。
  • COVID-19パンデミックが台湾で発生する前に、介護者の人口統計、アフィリエイトスティグマ、育児ストレス、情動的困難、ADHDの原因に関する信念、そしてADHD症状に関する基本データを収集した。
  • 追跡調査では、介護者がADHDを持つ子供をワクチン接種する意欲、パンデミック中の育児での困難、ADHD症状を評価した。
  • 結果は、介護者の基線時の年齢が、後向きにCOVID-19に対して子供にワクチン接種する意欲と正の関連があることを示した。
  • 一方で、ADHDが親のしつけの失敗から来るという信念は、ワクチン接種する意欲と負の関連があると示された。
  • 育児の困難も、ワクチン接種意欲と負の関連があると明らかになった。
  • したがって、介入プログラムを開発する際には、介護者の年齢、ADHDの原因に関する信念、パンデミック中の育児の困難を考慮する必要がある。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38793701

2024/05/25 PubMedの新着論文の要約(ADHD)

Dissecting the polygenic contribution of

attention-deficit/hyperactivity disorder and autism spectrum disorder
on school performance by their relationship with educational
attainment.

  • ADHDASDは教育達成度(EA)と強く関連しており、この関連が部分的にEAの遺伝的負荷によって説明されるかどうかはほとんど分かっていない。
  • 本研究では、ADHDASDが学業成績、精神症状の早期発現、その他の精神障害および関連トレイトといった点でEAとの関係を通じて学業成績に対する多遺伝子寄与を解析することを目的としている。
  • EA、ADHDASDの多遺伝子スコアが学業成績とどのように関連しているかを検討し、ADHDASDの遺伝的負荷が学業成績に与える影響がEAの遺伝的負荷によって影響を受けるかどうかを評価し、4,278人の学齢児童を対象に、ADHDASDの遺伝的負荷がEAを通じて解析された結果、学業成績と精神症状の早期発現に差異が見られ、一部はADHDASD症状によって説明される。
  • ASDとEAで同調した影響を持つ遺伝的変異は学業成績を向上させ、一方で、ADHDASDやEAに不一致な影響を持つ遺伝的変異は学業成績が低くなり、感情的および行動問題の発生率が高くなる。ADHDASDの遺伝的および表現型的非均質性を解析するためにEAの遺伝的負荷の使用を強く支持する結果となった。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38783053

タイトル:若年の注意欠如・多動性障害(ADHD)を持つ青少年における経頭脈動刺激の効果と安全性:初期のランダム化二重盲検シャム対照試験

要約:

  • 背景

- 本研究は、香港の若年青少年における注意欠如・多動性障害(ADHD)の治療における経頭脈動刺激(TPS)の効果と安全性を評価する初めての研究である。

  • 方法

- ダブルブラインド、ランダム化、シャム対照試験にはTPS群とシャムTPS群が含まれ、ADHD診断を受けた12〜17歳の合計30人の被験者が参加した。基準値測定(SNAP-IV、ADHD
RS-IV、CGI、実行機能(ストループテスト、デジットスパン)及びポスト-TPS評価が収集された。両群は基準値、介入直後、および1ヶ月および3ヶ月のフォローアップ時に評価された。反復測定分散分析法がデータを分析するのに使用された。

  • 結果

- TPS群は、介入後の平均SNAP-IVスコアが30%減少し、1ヶ月および3ヶ月のフォローアップ時に維持された。

  • 結論

- TPSはADHDの臨床管理における効果的で安全な補助治療である。

- ClinicalTrials.Gov、ID:NCT05422274。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38784916

Cannabidiolは自門性自閉症BTBRマウスモデルにおける行動修飾物質である。

  • 児童虐待防止センターによると、自門性障害(ASD)の有病率は過去20年間で急激に増加し、現在はアメリカの子供の36人に1人に影響を与えると推定されている。
  • CBDは、Cannabis sativaの主要な非向精神活性成分であり、自門性自閉症に対するその効果については未知である。
  • BTBRマウスにおけるCBDの投与は、再帰的な自己清掃行動や過度の運動の抑制に有効であり、社会的欠陥も改善された。
  • CBDは、再帰的/制限行動、社会的欠陥、および自門性に関連する過活動を改善するために効果的な薬剤である可能性が示唆されている。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38784096

Title:

注意欠如/多動性障害と思春期における不健康な生活様式:アルロスタティック過負荷と心理的幸福の予期せぬ役割

要約:

  • 思春期においては不健康な生活様式行動(ULBs)が一般的であり、これは注意欠如/多動性障害(ADHD)やストレス、心理的幸福(PWB)の不均衡(つまり高すぎるか低すぎるスコア)など、特定の心理社会的要因によって悪化する可能性がある。
  • この多施設共同研究では、ADHD症状とULBsに関連する心理社会的要因(つまりアルロスタティック過負荷や多次元的心理的幸福)との相互作用が思春期におけるULBsの採用にどのように影響するかを評価した。
  • ADHD症状と特定のULBs(つまり、睡眠障害、問題のあるインターネット利用)との関係は、「否定的」(つまりアルロスタティック過負荷)または「肯定的」(つまりセルフアクセプタンス、パーソナルグロース、ポジティブリレーション、プラーポースインライフ、エンバイロメンタルマスタリーなどのPWB次元)とされる変数によって修飾される:「否定的」な調整変数が欠如している状態で「肯定的」な調整変数のレベルが高い場合、ADHD症状が低い学生の間ではULBsが減少するが、ADHD症状がより重度の学生の場合はULBsが増加する。
  • ADHDの重症度に基づいて、介入は自己の潜在能力と自己実現を実現するための最適な幸福レベルを反映するバランスのとれたPWB次元を促進することを目指すべきである。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38786368

タイトル: ADHD診断を支援するためのゲイズ軌跡のレヴィ飛行モデル

要約:

  • 注目パターンの正確な数学的記述は議論が続いており、アイ・トラッキングデータの実用的分析に影響を及ぼしている。
  • レヴィ飛行記述がゲイズ軌跡に適していることを支持する証拠を提供し、そのスケール不変性の有益な性質を強調する。
  • ADHD診断において、標準的認知テストと組み合わせて、この特性を利用することに焦点を当てる。
  • この方法を用いると、ADHDを有する子供たちにおけるレヴィ飛行の特性指数分布が統計的に異なることを発見した。
  • また、これらの子供たちは、非ADHDの子供たちと異なり、検索プロセスに最適とされる戦略から逸脱していることを観察した。
  • アイ・トラッキングデータと認知テストデータの両方がある場合に焦点を当て、ADHDを有する子供たちの視線パターンの研究がこの状態の識別に役立つことを示す。
  • 認知テスト中にアイ・トラッキングデータを収集することができ、追加の時間を要する特定のタスクは必要なく、ADHDの診断を支援するために最適な位置にあると主張する。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38785640

Impact of smartphone on mental health among medical undergraduates: A

cross-sectional study.

  • スマートフォンはだれもが欠かせないものとなり、インドは今や世界で最も大きなスマートフォン市場となっている。
  • 医学生も例外ではなく、スマートフォンは彼らにとって不可欠なものであり、10,275個の医療関連のアプリが存在する。
  • しかし、スマートフォンの過剰な使用は、運動不足や心疾患などの身体的な問題だけでなく、精神的、社会的、感情的な健康にも潜在的な危険をもたらすことが明らかになっている。
  • この研究では、スマートフォンへの中毒と精神健康の関連を探るために実施された。

抄録:

  • 研究は2022年6月から8月までドクターVMGMC、ソラプルで行われ、研究倫理委員会の承認を受けた。
  • 研究参加者は600人で、日常的なサンプルサイズが取られた。
  • 参加者全体のうち42%は1日4〜6時間画面を見ていた。
  • 65%の参加者は平均4時間以上の画面時間を持ち、この長時間の画面時間が負の健康影響にさらされている。
  • スマートフォンの使用が適切で、主に非社交目的(勉強、音楽を聴く、ビデオを見るなど)に使われる場合、ストレス、不安、またはうつ症状はあまり感じられなかった。
  • しかし、スマートフォンを過度に使用して社会的コンタクトのために5時間平均している人は、軽度から中等度の悲しみ、中程度の不安、緊張の兆候を示し、ソーシャルメディア医学生の精神保健に悪影響を与えていることを示している。
  • したがって、医学生スマートフォンの使用が精神的健康にいかに害を及ぼしているかを周知する努力がなされるべきである。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38784258

2024/05/24 PubMedの新着論文の要約(ADHD)

タイトル:妊娠初期の母親の甲状腺機能と子供の学業成績と神経発達障害

要約:

  • 甲状腺ホルモンは神経発達に重要であり、妊娠初期には胎児は完全に母親の甲状腺ホルモンの生成に依存している。
  • 妊娠初期の母親の甲状腺ホルモンレベルと子供の学業成績、注意欠陥多動障害(ADHD)および自閉症スペクトラム障害ASD)のリスクとの関連を調査することを目的としている。
  • TSHとfT4の最初期測定に関する情報を収集し、子供の学校での標準化されたテストスコア、ADHDASDのリスクと関連付けた。結果は、母親の甲状腺疾患によって層別化され、甲状腺ホルモンレベルとこれらの神経発達障害との関連性は見られなかった。
  • 妊娠初期の母性甲状腺ホルモンレベルと子供の学業成績、またはADHDASDのリスクとの関連性は見られなかった。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38781538

タイトル: ADHDを持つ子どもにおける前頭葉活動と個人内変動との関連に関するfNIRSによる研究

要約:

  • この研究では、fNIRSを使用してADHD患者と典型的に発達した子どもの間の個人内変動と前頭葉活動の関係に違いがあるかどうかを調査した。
  • ADHD患者グループ14人と対照群14人の計28人が参加し、K-SADSと知能をテストした後、NIRSITを用いて継続的な課題テストにより被験者の前頭葉活動を測定した。
  • ADHD患者グループでは処理速度指数が対照群よりも有意に低かった。CPTテストの結果、患者群では右側背外側前頭葉領域の活動と正の相関が見られたが、統計的に有意ではなかった。
  • 対照群では、活動とコミッション及びヒット反応時間の標準偏差との間に有意な負の相関が見られた。
  • ADHD患者群とは異なり、右側背外側前頭葉領域の活性化は個人内変動の低減と有意に相関していた。この結果は、ADHD患者群の右側背外側前頭葉領域の活性化と個人内変動の関係が典型的に発達した子どもと異なるパターンを示している。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38781441

ADHDが2022年の米国の児童および青少年の間でどのように広まっているかについて、診断、重症度、共存する障害、および治療についての最新の国家全体の有病率見積もりを提供することが目的である。データは2022年のNational

Survey of Children's Health
(NSCH)から得られたものであり、診断された過去および現在のADHDの有病率を推定し、その中でADHDの重症度、現在の共存する障害の有無、およびADHD薬物療法や行動療法の受け取り状況をデモグラフィックおよび臨床のサブグループごとに見積もった。Weighted
estimates were calculated overall and for demographic and clinical
subgroups.

  • 約9人に1人の米国児童がADHDの診断を受けたことがあり(11.4%、710万人)、現在ADHDの症状があるのは10.5%(650万人)である。
  • 現在のADHDを持つ児童のうち、58.1%が中等度または重症度のADHDであり、77.9%が少なくとも1つの共存する障害があった。
  • 現在のADHDを持つ児童のおよそ半数(53.6%)がADHD薬物療法を受けており、44.4%が過去1年間にADHDの行動療法を受けていたが、約3分の1(30.1%)はどんなADHD特有の治療も受けていなかった。
  • 児童のADHDは続いており、2022年には2016年より約100万人多くの子供がADHDの診断を受けていた。
  • 2022年のNSCHからの推定結果は、COVID-19パンデミックの最中である児童のADHDに関する情報を提供し、政策立案者、政府機関、医療システム、公衆衛生関係者、その他のパートナーがADHDを持つ子供のニーズに対応するための計画を立てるのに役立つ。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38778436

タイトル: メジャーな精神疾患の新たなリスク要因を明らかにするためにヒト内因性レトロウイルスをトランスクリプトーム全体の連関研究に統合する

要約:

  • ヒト内因性レトロウイルス(HERVs)は以前に主要な精神疾患に関与しているが、その病因については不明確である。
  • 792の死後脳サンプルからのRNAシーケンシングと遺伝データを使用して、HERV発現を正確なゲノム位置で定量化し、特殊なトランスクリプトーム全体の連関研究を実施。
  • ヨーロッパ人では、1238のHERVがcisで調節された発現を特定し、そのうち26が精神疾患と関連付けられる発現シグナルを表し、そのうち10は隣接する発現シグナルとは条件付きで独立している。
  • これらのうち5つはファインマッピング解析でも有意であり、高信頼性のリスクHERVsと見なされている。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38778015

Working memory and inhibitory control deficits in children with ADHD:

an experimental evaluation of competing model predictions.

  • 現在の研究は、注意欠如多動性障害(ADHD)の神経心理学的検査での困難に関して、大量の異なる欠陥を反映するか、広範なテストの成績に影響を与える少ない欠陥のどちらを反映しているか明確ではない。
  • 110人のADHD、不安障害、または共存するADHD+不安障害を持つ子供を含むサンプルが実験に参加し、作業記憶と抑制の要求を系統的に操作した。
  • 両方の操作が対象の実行機能に要求を増加させたことが示され、制限された容量の作業記憶システムを占有することが抑制タスクでの応答時間を遅くし、精度を低下させた。
  • これらの結果は、作業記憶が子供の先決的傾向を抑制し、速く正確なパフォーマンスを維持する能力に広く影響を与え、ADHDの子供が抑制テストで犯すエラーを説明する可能性があり、作業記憶が二次的な障害の原因であると記述するモデルと広く一致していることを示している。
  • 消除や効果を示しているモデルに対する証拠が提供され、抑制の視点を作業記憶の難しさの原因と見なしたり、作業記憶を非原因的相関またはエピファノーメンと見なしたりするモデルに対する証拠が提供されています。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38779551

タイトル: 注意欠陥多動性障害、不安脚症候群、および末梢鉄状態との関連:2サンプルのメンデリアンランダム化研究。

要約:

  • 背景: ADHDとRLS(不安脚症候群)の間には高い相関と共病があると流行病学的な証拠が示している。
  • 目的: ADHDとRLSの因果関係と共有された遺伝子構造、並びに両障害と末梢鉄状態との因果関係を調査することを目的とした。
  • 方法: ADHD、RLS、および末梢鉄状態(血清鉄、フェリチン、輸液飽和度、および総鉄結合能)のゲノムワイドメタアナリシスの要約統計を使用して、2サンプルのメンデリアンランダム化(MR)分析を行った。さらに、遺伝データを使用して、ADHDとRLS間の遺伝的相関を評価するためにリンケージディセクイリブリアムスコア回帰(LDSC)を適用した。
  • 結果: 当社のMR結果は、ADHD(暴露)からRLS(結果)への因果効果を支持している(逆分散重みつきOR = 1.20、95%

CI:1.08-1.34、p = 0.001)。逆に、RLSからADHDへの因果関係は見られなかった(逆分散重みつきOR =
1.04、95% CI:0.99-1.09、p =
0.11)。また、RLSとADHDの間に有意な遺伝的相関は検出されなかった。さらに、末梢鉄欠乏とRLSまたはADHDの発症との間に因果関係があるという証拠はなかった。しかし、RLSは血清フェリチン濃度の低下の遺伝的傾向と関連していた可能性がある(OR
= 1.20、95% CI:1.00-1.04、p = 0.047)。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38779543

タイトル: 発達障害と不良出生結果の関係における気管支喘息の役割の評価。

要約:

  • 背景:

- 気管支喘息が、様々な人種における不良出生結果と発達障害(NDDs)の関係においてどのような影響を持つかを調査することは、多様な人口の中での効果的な介入や可変的な感受性を理解するために重要である。

  • 方法:

- データはNational Survey of Children's
Healthから収集された。この横断研究には0〜17歳の131,774人の子供が含まれた。研究の露出は早産や低体重などの不良出生結果で、NDDsには注意欠陥・多動性障害、自閉症スペクトラム障害脳性麻痺てんかんなどが含まれていた。

  • 結果:

- 131,774人の参加者のうち、10,227人が低体重で生まれ(9.12%)、14,058人が早産で生まれ(11.35%)、16,166人が気管支喘息であった(11.97%)。不良出生結果のあるNHBの子供たちは、NHWの子供たちよりも複数のNDDsの有病率が高かった。

  • 結論:

- 気管支喘息は不良出生結果とNDDsとの関連性の影響修正要因とはならなかった。ただし、これらの結果は、不良出生結果のある米国の子供たちの中で、NDDsがより広く見られ、NHBの子供たちでNHWの子供たちに比べて高い割合であることを示唯一する。これらの結果は、民族マイノリティ出身の患者の中でも不良出生結果のあるNDDsのスクリーニングを、特に小児保健医療施設で行う必要性を支持している。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38776595

Efficacy and safety of dasotraline in attention-deficit hyperactivity

disorder: A systematic review and meta-analysis.

  • 背景と目的

- ADHD薬物療法の選択肢は限られており、既存の薬剤の有害反応や効果不足があるため、dasotralineの臨床試験が行われた。このメタ分析は、stimulant
agentsに比べてADHDにおけるdasotralineの有効性と安全性を評価することを目的として行われた。

  • 方法

- レビューアーはMedline/PubMed、Embase、Scopus、Google Scholar、Cochrane
databases、Clinical Trial
Registriesで文献検索を行い、5つの関連する臨床試験からデータを抽出した。バイアスのリスク評価ツールを使用して品質評価を行い、ランダム効果モデルを使用して効果サイズを推定した。サブグループ分析、メタ回帰、感度分析も適用された。選択、分析、結果の報告にはPRISMAガイドラインが適用された。

  • 結果

- DasotralineはADHD全症状スコア(SMD: -0.35)、過動性/衝動性亜尺度スコア(SMD:

  • 0.27)、不注意亜尺度スコア(SMD: -0.33)、及びCGI-Sスコア(SMD:
  • 0.25)を有意に減少させた。サブグループ分析では、小児と成人の両方の年齢グループでADHD症状が有意に改善された。メタ回帰では、ADHD症状スコアの減少とdasotraline療法の期間との間に有意な関連があった。食欲減退の発生率は用量依存性が見られたが、不眠症の発生率は見られなかった。
  • 結論

- Dasotralineが最大4 mgの子供、6
mgの成人では、症状と全体的な機能の改善を含めてADHD患者の臨床結果を改善でき、許容性も良好である。PROSPERO登録番号:
CRD42022321979。

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/38778858